生理痛とは?

ブログ画像

こんにちは。小金井快復整体院の岡村です。
今回は生理痛についてのお話です。

生理痛の原因
(1)何らかの病気が原因となる場合
(2)特に病気を認めない体質など機能的な原因による場合の2つ。

(1)    何らかの病気が原因となる場合
器質性月経困難症ともいいます。子宮や卵巣またはその周囲の臓器に病気がある場合に、生理痛を感じることがあります。

生理痛の原因となる代表的な病気
子宮内膜症
子宮筋腫 などがあります。

(2)    特に病気を認めない体質など機能的な原因による場合
機能性月経困難症ともいいます。このタイプの生理痛には、
プロスタグランジン(痛みのもと)というホルモンが関係しています。
プロスタグランジンは陣痛促進剤にも使用される物質で、子宮の収縮を促す作用がある。
生理の際には、剥がれ落ちた子宮内膜を子宮の外に排出するため、子宮を収縮させる必要があります。
プロスタグランジンの分泌量が多いとその分子宮の収縮が強くなり、
痛みを感じることになります。

腰痛にも
プロスタグランジンは、血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。

からだの冷え
子宮周囲の臓器に冷えがあると、血管が収縮し血流が悪くなりプロスタグランジンの排出がうまくいかなくなります。

ストレス
ストレスがかかると、自律神経が乱れ血管は収縮し、子宮の血行が悪くなり、
プロスタグランジンが排出されにくくなります。
そのため、プロスタグランジンが子宮に作用し続け、生理痛が増強するのです。

緩和する方法「血流改善」
深呼吸。
息をゆっくりと吐くことで副交感神経が優位になり、血管収縮を和らげ、身体の冷えを取ることで、生理痛の症状が改善しやすくなります。
生理痛や腰痛は、血液の流れが滞っているというサイン。
日頃から冷え対策やストレス解消、意識的にリラックスする習慣を身に付けましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
心身の不調でお困りの時は当院へお任せください。

~小金井快復整体院~
https://www.koganeiseitai.com/
TEL:0423166878
東京都小金井市本町2丁目14-13 菱和パレス102

岡村 たくや
院長
武蔵小金井の整体院院長。
国家資格者(鍼灸マッサージ師)
20代での2度の脳腫瘍から快復→ 施術家の道へ  
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる