反り腰とは?

ブログ画像

こんにちは。小金井快復整体院の岡村です。
今回は反り腰についてのお話です。

反り腰とは、
骨盤が前傾し腰骨がお腹側に反りすぎてる状態のこと。
人間の背骨は真っ直ぐではなく、衝撃を和らげるために緩やかなS字カーブになっています。

反り腰になると・・・
■股関節が(内股)になるので、O脚、XO脚の問題などでてきます。
内股になると太ももの外側がでっぱったり、血液やリンパの流れも悪くなるので、
下半身の冷えやむくみの原因にもなってきます。

■S字カーブが極端になってしまうと、
腰骨がお腹側に反りすぎて負担がかかるため腰痛に繋がる。

■腰骨がお腹側に反りすぎてしまうことで、
太っているわけではないのに下腹だけ出るポッコリお腹に。

反り腰の原因
■筋肉の過緊張(頑張り筋)
 頑張りすぎている筋肉は
 鼠蹊部あたりの筋肉、前もも、腰の筋肉です。

■筋肉の衰え(眠り筋)
 眠っている筋肉は
 おしり、もも裏、腹筋です。

セルフチェック
仰向けで寝る。次に、腰骨の隙間に手ひらを入れてみよう。
手のひらがぎりぎり入るくらいの隙間なら、あなたの体は正常な状態ということ。
手のひらがすぽすぽ入るなら反り腰ということ。

反り腰の改善
〇ストレッチ(伸ばす筋肉=緩める筋肉)
(頑張り筋)
・鼠蹊部あたり(腸腰筋)
・前もも   (大腿直筋)
・腰の筋肉  (多裂筋)

〇エクササイズ(縮める筋肉=鍛える筋肉))
(眠り筋)
・おしり(大殿筋)
・もも裏(ハムストリング)
・腹筋 (腹直筋)

~整体とは~
背骨や骨盤、からだのゆがみを調整するもの。
体の使い方・セルフケアをみにつけるところ。
ゆがみが改善されると血流もよくなるため、体調を整えることができる。
1回で変化を感じられることもありますが、猫背はくせづいている姿勢によって日常生活で
元に戻ってしまうため、1週間に一度、数週間通うと◎
ゆがみが減って安定してきたら、月1回程度メンテナンスに◎

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
心身の不調でお困りの時は当院へお任せください。

~小金井快復整体院~
https://www.koganeiseitai.com/
TEL:0423166878
東京都小金井市本町2丁目14-13 菱和パレス102

岡村 たくや
院長
武蔵小金井の整体院院長。
国家資格者(鍼灸マッサージ師)
20代での2度の脳腫瘍から快復→ 施術家の道へ  
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる