パニック障害とは?

ブログ画像

こんにちは。小金井快復整体院の岡村です。
今回はパニック障害についてのお話です。

パニック障害とは?
人はもともと、危険や緊急事態を感じたとき、自分の身を守るような反応を起こす仕組みになってます。
生き物として当然の反応ですが、パニック障害の方の場合、少しのストレスなどをきっかけに過敏に反応してしまう状態になっていると考えられます。

ある出来事に対して「これは命の危機だ!」「避けなければいけない!」と過剰に反応してしまうことがあります。
それが電車に乗ろうとした時や、狭いところに入った時、人が大勢いるところなど、ある出来事をきっかけに発作や動悸、急激な不安感などが出てしまう状態をパニック障害と言います。

パニック障害の原因

1.セロトニン不足。 
セロトニンとは「幸せ」を感じる時に分泌される物質です。
セロトニンが不足するとリラックスできないので、そわそわしたり、気が立ったり、不安や恐怖を感じやすくなり、沢山の人の中にいたり、注目を浴びたりすることで「発作」が起こります。

2.姿勢の歪み 
猫背姿勢、いつも同じ片腕枕、首だけ上げまくる寝方。こららも不調を引き起こ原因になってきます。

3.自律神経の乱れ
自律神経の不調は体からの赤信号のサインです。今振り返ってみると自律神経の不調になる前に、何らかのサインが体に出ていたはずです。

~相談にこられる方~
悩みが深い方ほど「白か黒か、0か100か」で物事を考える、「二極化思考」の癖がついてしまっていることがあります。

物事を完璧にしたい真面目な人に多く、少しでも上手くいかないと無気力感に陥りやすいのです。 

1でも60でもグレーでもいいのです。

~オススメセルフケア~
朝散歩!
難しい方は
ベランダ、玄関を開けて5秒だけでも太陽浴びてみてくださいね!
小さな行動で大丈夫。

~オススメの趣味~
ガーデニング! 畑
土触って太陽浴びてリラックスできます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
心身の不調でお困りの時は当院へお任せください。

~小金井快復整体院~
https://www.koganeiseitai.com/
TEL:0423166878
東京都小金井市本町2丁目14-13 菱和パレス102

岡村 たくや
院長
武蔵小金井の整体院院長。
国家資格者(鍼灸マッサージ師)
20代での2度の脳腫瘍から快復→ 施術家の道へ  
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる