私はうつ?うつ病の10の初期症状

うつ病の初期症状の10個とは

“だれでもストレスを抱えて、眠れないことはありますが、問題が解決すればとくに気に病むことはないですが、人によっては完全にうつ傾向の人もいます。ではうつ病の初期症状の10個とはどのようなものなのでしょうか?

  • 睡眠障害。よく眠れない、早く目が覚めるまた二度寝をしたら起きられないという症状です。
  • 日中起きている時間であっても、我慢ができずにうたたねをしてしまうということです。
  • 妙に現実的な夢をみてしまった現実と夢が混同してしまうことがあるということです。
  • 食欲がなくて、がんと疑われるほどがくんと痩せてしまいます。
  • 動悸がしたり微熱があることです。風邪をひいたわけでもないのに、体調が悪いです。第5に歯を磨こうとすると吐きそうになる症状がおこります。これは喉のおくのほうに歯ぶらしが当たったわけでもないのに、吐き気を覚えるということです。
  • 頭が締め付けられるような痛みや首や肩がこります。これも日ごろ疲れを感じる人も同じように感じるかもしれないですが、その痛みが休んでもとれないということです。
  • 首だけでなく目や耳、口が痛い、あるは手足や腰などどこでも痛くて苦しいということです。第8にだるくてめまいがして、へんな汗がでる
  • 性欲が減退して生理不順もある状態です。
  • 曇りの日や雨が降ると体調が悪いということです。


このようなことがうつ病の初期症状といわれています。どれも思い当たるという人もいるはずです。
つまりこのような症状の根本は自律神経の乱れによっておこることがあります。深刻なうつ病になっていなくても、
このような症状を感じることがあるというひとは、初期のうつ病になっている傾向があるということです。
もし自分が不眠で悩んでいるとか、いままで活動的だったのに無気力になってしまったとか、友人に不眠で悩んでいるとかよく眠れないという人がいたらそれはうつ病の初期症状かもしれないということです。

整体という選択肢もあります

初期の段階でしたら、整体をうけたりすると早めに回復することができます。
また自律神経の乱れを直すにはじつは、整体がいいとされています。自分の呼吸に向き合ったり、カラダの歪みを整えていくことで、血流がよくなったり代謝力があがっていきます。なにより整体で今まで動いてなかったところが動き出すので睡眠障害が改善できるというのが大きいです。適度な運動と生活を見直すことから始めるのもいいでしょう。”

岡村 たくや
院長
武蔵小金井の整体院院長。
国家資格者(鍼灸マッサージ師)
20代での2度の脳腫瘍から快復→ 施術家の道へ  
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる